院内感染防止策

当院の院内感染防止対策について

新型コロナウイルス感染症の対応について

当院では新型コロナウイルス感染拡大を受け、普段から行っている歯科医療器具の洗浄・滅菌処理などの感染対策だけでなく、さらなる感染予防の取組みに努めています。

新型コロナウイルス感染症の対応について
  • スタッフは、マスク・ゴーグルなどの着用を実施しています
  • 診療中は、機械による常時換気、定期的な空気の入れ替えを実施しています
  • 診療時間外の院内では、オゾンを用いた空気清浄を行っています

患者さんへのご協力のお願い

入室前には、患者さんに手洗い・うがい・検温をお願いしています。
診療予約日に、発熱やのどの痛み、せき、息切れ、強いだるさ(倦怠感)などの症状がある方は、ご来院前に受付にその旨お申し出ください。

※症状のある方や、新型コロナウイルスの感染が疑われる方は、感染必ず最寄りの帰国者・接触者相談センターもしくは、当院へ電話で相談し、指示を受けていただきますよう、よろしくお願いいたします。

皆様のご理解とご協力のほどお願い申し上げます。

歯科治療の受診について

歯科治療の緊急性については、患者さんお一人おひとりのの状況によって異なります。

例えば、痛みや腫れなどを放置すると重症化や全身へ影響を及ぼすことがあります。歯周病などの定期管理も全身状態に関係し、高齢者や特に在宅や介護施設での口腔衛生状態の低下で誤嚥性肺炎などが生じることが懸念されます。義歯を装着せず、噛めない状況が続くことは、全身の健康を損ないます。

歯科治療の受診について

何より、感染症予防のため免疫力を高めたいと考える皆様にとって、お口の健康は不可欠だと思います。治療を延期したり中断することでリスクが伴うこともありますので、歯科治療の受診については自己判断せず、まずはかかりつけ歯科医にご相談ください。

現時点で、歯科治療を通じて患者さんの新型コロナウイルス感染の報告はありません。更に感染予防策を徹底し、皆様の健康を守るために取り組んでいきます。(参照:令和2年5月1日付 読売新聞・毎日新聞/日本歯科医師会)

国民の皆様へ

参照:令和2年5月1日付 読売新聞・毎日新聞/日本歯科医師会

ページ先頭へ戻る
ページ先頭へ
ページ先頭へ戻る
上に戻る